読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Pro Late2016モデル

事情があってノートPCを買い換える事になりまして

現在使ってるMacBook Airでも特に不満は無いんですが

せっかく買い換えるなら新しく出たMacBook Proかなってことで

MacBook Pro Late 2016を購入する予定です。

TouchBarは絶対に必要ないので2016のTouchBar無しモデルです。

Late 2016から大幅に仕様変更されてるので購入はかなり迷いますね。

先ず良さそうな所ですが

一番大きいのは軽くなったことですね約200g軽くなって現在使用してる

MacBook Airとほぼ同じ重量

持ち運びを頻繁にする予定なのでこれはすごくうれしいです。

あとRetinaディスプレイですが明るくなって色域が広くなってそうです

(体感で差があるのかは不明です)

次にデメリットですが

USBポートがUSBType-C2個に統一されたことです

充電や通信が一つの端子で出来るのは大きなメリットだと思いますが

Type-Cを使用できる機器がまだまだ少なく現状だとアダプタが必須な事が

大きなデメリットだと思います。

他に意味不明なクソ仕様が2つしか無いUSBポートを片方に纏めたことですね。

多分TouchBarアリのモデルとの差別化をはかる為なんでしょうが。

あとSDカードスロットがなくなったのもかなり辛いです

一眼レフで撮影した写真をたまに編集する機会があると思うんですが

どうやってデータ送ったら良いのやら…

総合的には買いかなって思いますがまだ少し悩んでいますので

MacBook Proの使用感やWindowsのノートでいい機種があればオススメ教えてください。終わり 

Raspberry Pi3を使ったSambaファイルサーバー

Raspberry Pi3を使ってSambaでファイルサーバー建てました。

面倒くさかったです。終わりってなるとブログを書く意味が無いのでちょっとだけ経過を自分用にメモしときます。

Raspberry Piは最初からSSH接続できるようになっているはずなので特にキーボードやディスプレイも必要なく

Macからarp -a コマンドでRaspberry PiIPアドレスを探して

SSH pi@IP で接続します。パスワードは忘れました。

最初にsudo raspi-configで設定を変更するのですが

書くのが面倒になってきたので続きは次回にします

書くかはわかりません。終わり

オーブンがないときのローストポーク(焼豚の作り方)

オーブンがあれば適当にオーブンに突っ込んで温度設定して時間測ってなんですが

下宿にはオーブンがないのでいつものように炊飯器で焼豚を作ってみました。

豚肉は(牛肉も鶏肉も多分同じだったはず)63℃以上で30分以上加熱すれば一応安全と言うことになってるので70℃くらいのお湯を炊飯器一杯に貯めて

そこにジップロックで入れて出来るだけ中の空気を抜いた豚肉を入れます。

豚肉がお湯に対して冷たいので大体60℃前後になります。

次に保温を押して40分位待ちます。

40分経ったら一応中の温度が63℃超えてることを確認してからもう30分保温して起きます。

最後にジップロックから取り出して表面に焼き色を付けてから冷めるまで待ったら感性です。温度を測るのが若干面倒ですが柔らかく出来るのでおすすめです。

豚肉は加熱が不十分だったら危ないので十分加熱してどうぞ。終わり。

ローストビーフの作り方

材料

牛肉ブロックもも肉もしくは肩肉

塩、胡椒(適量

ジップロック

作り方

まず牛肉を常温に戻しておきます。

次に強火で表面を焼きます。これはメイラード反応と言って焼き目を付けて

香りを付けるためらしいです(旨味を閉じ込めるとはあまり関係がない)

焼いた肉をジップロックに入れてよく空気を抜きます。

(この時お湯に浸けながらジップロックの一部だけ開けて空気を抜くと上手いこと行くかも)

最後に炊飯器にジップロック入れてそこに70度のお湯をお肉が全て浸かる程度の量を入れてから30分から40分程度保温します。

それを常温に冷やして切ったら完成です。

出来てるか不安な人は肉の中心温度が63℃以上になってることを確かめて下さい。終わり。

美味しいご飯の炊き方

美味しい土鍋ご飯の炊き方メモです。

先ずお米を洗います

次に洗ったお米に適当な量の水を入れて夏場は30分、冬場は一時間程度浸けておきます。

浸けてた水を捨ててからお米を土鍋に入れて最後に洗う前のお米と同体積の水を入れます。

蓋をしてから中火で沸騰するまで加熱して沸騰したら弱火にしてから15分

15分経過後に中火に戻して10秒程度加熱してから火を止めて10分蒸らすと完成。

火加減も適当で水の量と炊く時間さえ間違えなければ誰でも上手く炊けます。終わり。

トマトソースの基本のレシピ

パスタやカレーなど色んな料理に使えるトマトソースですが、

簡単ですが手間がかかりますよね。

材料

トマト缶2つ(ホールトマトが好ましい)

玉ねぎ半分から1/4程度

にんにく一片

オリーブオイル大さじ6杯(70g)

適当なハーブ(無かったら無しでもオッケー)

作り方

①玉ねぎとにんにくをみじん切りにする。

②オリーブオイルとみじん切りにした玉ねぎとにんにくを鍋に入れて炒める

③玉ねぎが軽く色付いてきたらトマト缶を加えて中火で15分加熱

ハーブを入れる人はここで加える

④塩と胡椒を入れて味付け

大量に作って冷凍しとけば長期間保つのでおすすめです。終わり。

PC自作します。

主な用途はPCでTwitterしながら高画質でアニメを見るとことです。

ついでに軽いプログラミングとゲームもする予定です。

構成は

CPUがcore i5-6500の3.2GHz

RAMが8gb×2の16gb

マザーボードASUSのH170

SSDSamsungの500gb

HDDがWDの2TB

Blu-rayドライブ

ケースはAmazonで5kくらいのやつ 

電源は玄人志向の600W

多分オーバースペックだと思うんですがまあ初めて組むのでそれなりにスペック高めにしました。

core i5でRAMが16gbあったら数年は困らないはず。

これで快適にTwitterが出来ますめでたしめでたし。終わり。