読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の役に立つということ

最近病院での高齢者連続殺人事件や障害者施設での大量殺人事件を見て

所謂高学歴の人や”優秀”な人達の意見を見て思ったことを少し。

僕が一番沢山見た意見は「高齢者や障害者は役に立たないどころかむしろマイナスでありその社会の役に立たない人間のために若い人が苦労してるのが可哀想で

犯人は役に立たない人を殺してよくやった」や「犯人には同情の余地がある」っていう意見です。

僕がまず気になったのは殺人の良し悪しなどの倫理的な事は置いといて

”社会の役に立つ”っていうのは何かってことです。

幸いにして?その人間が”役に立つ”かどうか判断出来るような傲慢さは持ち合わせていないのですが役に立つっていうのは何かっていうのがよくわかりません

税金を沢山納めてたら社会の役に立ってるのか?特定の役に立つ技術を持ってたら役に立ってるのか?

あと”優秀”で努力してる”健常で健康な”若い方々からすると障害者っていうのは

楽して生きてるって見なされてるという印象を受けました。

素晴らしい世界ですね👊